お知らせ

HOME > お知らせ > ホスピタル・ナビ初期患者誘導システムのへ参加のお願い

ホスピタル・ナビ初期患者誘導システムのへ参加のお願い 

日時:
 

ホスピタル・ナビ初期患者誘導システムのへ参加のお願い

名古屋大学医療システム管理学寄付講座では、これまで医療機関検索データベース(DB)“ホスピタル・ナビ”を開発してきました。

この度の、東日本大震災において、名古屋に避難してきた被災者からも、不慣れな土地でもホスピタル・ナビによって診療所に受診できたという評価されました。その結果、被災地でも不定期な開院状況を患者が携帯電話を用いて診察状況を把握できるためのシステムへとして稼働し始めました。

いわき市では既に70施設が登録をしています。

つきましては、県内でも広く参加病院および参加医院を募集しています。本事業はNPO法人MeDICC様に運営しており、システムへの参加登録・利用すべて無料です。(ホスピタル・ナビは名古屋大学の登録商標です)

  • 概要:予め登録していただいた先生(担当者)の携帯電話に対し、毎日もしくは任意の日程(申込書メール受信時間に従って)で、メールを自動配信します。

  • メールに添付されたURLに接続することで、その日の診療時間だけを増減できます。つまり、リアルタイムな開院情報を提供できます。また、予め休日を設定しておくことも可能です。
  • 地図はパソコンや携帯電話などから検索可能で、患者を適切に受入医療機関に誘導する仕組みです。また、i-Phoneに対応したアプリ(プログラム)も提供しております。

登録方法:ご賛同いただける皆様には、「登録の流れ」(別紙)に従ってご登録をお願いします。

夜間診療時間の設定:ご協力いただける皆様には、別紙のFAX登録票に基本情報をご記入し、FAXお願いいたします。

問い合わせ先:ご不明な点などありましたら、メールの場合、k-nodae@med.nagoya-u.ac.jp、電話またはFAXの場合、052-744-2637までご連絡ください。

登録申込書:

初期救急患者誘導システムの登録用紙.pdf

  • ホスピタルナビ
  • JSOPP
  • マクロ美